【検証】ビセラとラクビを徹底比較!人気の腸活サプリはどっちが痩せる?痩せない?

ビセラ

SNSで人気の腸活サプリ「ビセラ」と「ラクビ」ですが、「効果があるのはどっち?」と購入を迷っている人も多いかと思います。

ここでは、この2つの成分や効果、価格などを徹底比較!

腸活サプリに興味がある方は、2大サプリの長所と短所もわかると思うので、ぜひ参考にしてみてください♪

成分・効果の比較

まず、ビセラとラクビの成分から、期待できる効果を比較してみることにしましょう。

ビセラの成分

ビセラの原材料

原材料名には、配合されている比率が高いものから表示するようになっています。ビセラの場合は、

  • 有機アガベイヌリン(水溶性食物繊維)…腸内環境に悪影響を及ぼす悪玉菌を減らす働き
  • 短鎖脂肪酸(=乳酸菌生産物質)…腸内フローラを整える働き
  • 32種類の乳酸菌…短鎖脂肪酸の働きをサポートする働き
  • ガラクトオリゴ糖…善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化

の順で多く配合されています。

ラクビの成分

ラクビ原材料参照:ラクビ公式サイト

一方、ラクビの配合成分は以下のような順になります。

  • サラシアエキス…腸内環境に悪影響を及ぼす悪玉菌を減らす働き
  • ビフィズス菌…酪酸菌と共に短鎖脂肪酸を作り、腸内フローラを整える
  • 酪酸菌…短鎖脂肪酸を作り出す働き
  • イソマルトオリゴ糖…善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化
  • 植物性キトサン…腸内環境を整え、体内の老廃物を体外へ排出する働き

原材料を比較すると、両方とも悪玉菌を減らす働きのある「有機アガベイヌリン」・「サラシアエキス」が最も多く配合されていることが分かります。

また、種類に違いはあるものの、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれている点も同じです。

では何が違うのかというと…

違い①短鎖脂肪酸をダイレクトに配合しているかどうか

腸内フローラを整えるためには、腸の働きを活発にする“短鎖脂肪酸”が必要です。

ラクビは、この短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌を配合していますが、ビセラは短鎖脂肪酸をダイレクトに配合しているため、その分効率がいいと考えられます。

違い②善玉菌の種類

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を摂取すれば、腸内の善玉菌は増えるといわれています。しかし、善玉菌にはたくさんの種類があり、人によって効き目も相性も異なるもの…。

そのため、「できるだけたくさんの数、たくさんの種類」の善玉菌が配合されているものの方が、高い効果が見込めます。

ラクビは、森永乳業が特許を取得したビフィズス菌B-3を配合しているという魅力はあるものの、ビセラは32種類の腸内フローラサポート菌を1兆個も配合していて、種類と数では、ビセラの方が勝っています。

成分だけを比較すると、「ビセラ」の方が効率よく腸内フローラを整えることができそうですね。

安全面の比較

次に、ラクビとビセラそれぞれの安全面を比較してみます。

サプリメントの通販サイトで、「GMP」というワードをよくみかけると思います。

GMPとは、「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」を指し「Good Manufacturing Practice」を略称したもの。

簡単に言うと、医薬品の製造をする者が守るべき内容を定めたものです。

【GMP三原則】

  1. 人為的な誤りを最小限にすること。
  2. 製品の汚染及び品質低下を防止すること。
  3. 高い品質を保証するシステムを設計すること。

出典:静岡県公式ホームページ

すなわち、GMP認定工場で作られたサプリメントは、製造品質が保証されているということになり、安全性の一つの基準になります。

具体例を挙げると、「製造過程での、汚染・混入がない」「一粒、1パックごとの成分のばらつきがない」などが考えられます。

これを踏まえた上で、各サプリメント比較すると…

ビセラbisera ラクビ
国内のGMP工場で生産 GMPに準拠した国内工場で生産

となっています。

一見するとどちらも同じように見えますが、注意が必要なのは「準拠」という言葉。

「GMPに準拠した工場」は、結論から言ってしまえば「GMPを取得していない工場」なんです。

基本的なルールはGMPに従っているけれども、第三者機関に認定されたわけではなく、基本的には自分達の基準・規格で生産しているということになります。

品質面では、国内のGMP認定工場で生産を行っている「ビセラ」の方が安全性は高そうです。

>>ビセラの公式サイトはコチラ

価格面の比較

次に、ビセラとラクビの価格を比較してみましょう。

ビセラbisera ラクビ
30粒(約1か月分) 31粒(約1か月分)
通常価格 5,687円 3,800円
定期初回価格 500円 500円
2回目以降 3,980円(30%オフ) 2,740円(27%オフ)
定期の条件 4か月の継続が条件 なし(いつでも解約可能)

※全て税込価格

容量は、両方とも1袋1か月分で1日の摂取量は1粒と同じです。

しかし、通常価格はビセラの方が1,887円高くなっています。定期で購入しても、割引率はほぼ同じなので、ビセラの方が割高です。

さらに、ビセラの定期コースは4か月の継続が必要なのに対して、ラクビはいつでも解約可能になっています。

価格面では、継続回数に縛りがなく価格も安い「ラクビ」に軍配が上がりました。

飲みやすさ・続けやすさの比較

最後に、サプリのタイプや大きさなどから、飲みやすさ・続けやすさを比較してみましょう。

ビセラbisera ラクビ
1日の摂取目安 1粒 1粒
サプリのタイプ ソフトカプセル ソフトカプセル
サプリの大きさ 長さ約2cm、直径約7mm 長さ約1.8cm、直径約6mm
成分量 1粒375mg 1粒 269mg

いずれも1日1粒飲むだけでいいので、無理なく続けられそうです。

サプリの大きさは、成分量が多い分、ビセラの方がひと回りほど大きくなっていますが、飲みにくくはないよう。

いずれもソフトカプセルで無臭。若干カプセルっぽいニオイはするものの、違和感なく飲めると思います。

1日の摂取量やサプリのタイプなど、両者ほとんど変わりがないですが、若干粒の小さいラクビの方が飲みやすいかもしれません。

ビセラとラクビ比較まとめ

結果、成分と安全面ではビセラ。価格と続けやすさではラクビ。

と、なりました!

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分が何を重視するかによって選択してみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました